夜中に目が覚めてしまう原因と対策とは?

こんにちは、つぼ押し整体師の小根山です。

 

しっかり寝ようと思って早めに布団に入っても毎日夜中に途中で目が覚めてしまうというあなたに知って欲しい事があります。

 

 

朝までぐっすり眠れなくて、途中で目が覚めてしまうというあなたは《自律神経の働きが乱れている可能性が高い》のです!

 

自律神経とは、運動をつかさどる【交感神経】とリラックスをつかさどる【副交感神経】の二つの神経から成り立っているものです。

 

夜中に途中で目が覚めてしまうというあなたは、寝ている最中でも運動をつかさどる【交感神経】が強く働いている可能性が高いのです。

 

本来、睡眠中というのは【副交感神経】が働き心も体もリラックスすることで良い睡眠を得ることができますが、その働きがうまく出来ていないのですね。

 

そんな時にオススメな方法が二つあります!

 

●軽い運動やストレッチ

 適度に体を動かすことで、筋肉の緊張を和らげて【副交感神経】の働きを促進する効果が期待できます。

 

 

●少し温めのお風呂でゆっくりと体を温める

 これもお湯の温かさで筋肉の緊張を緩めリラックス効果を向上させます。

 

 

二つとも体の緊張をほぐす方法ですが、人間の体と心はつながっているものです。

 

体の緊張をほぐすことで、心も緊張もほぐれ毎日ぐっすり眠れるようになりますよ♪

 

 

簡単な方法ですので、ぜひ今日から実践してください!

 

ブログトップ

ホームへ戻る